2016年3月23日

株式

 ボクは長らく株式投資をやっている。

 最近はさっぱり儲からず損してばかりだ。

 ただ株式投資からはたくさんのことを学んだと

考えている。

 

 そもそもは父親から勧められたのがきっかけ

だった。もちろん株のことなんてなにも

知らない。だが、続けるうちに理解できること、

分かることが見つかった。

 

 それらは、おかしな話かもしれないが、自分

自身だった。投資と向き合うことにより、

自分の金銭感覚がつかめ、どんな事態のときに

どのような反応をするかがとてもよく理解

できた。

 

 これらは残念ながらいくら株の本を読んで

も理解はできない。自分の手元に60万円の

お金があるとする。これで実際に株式を売買

するとき、どのような対応をとるか。は

やってみなければわからない。

 

 ボクの対応は、150円の株を4000株、

買う、だった。これが値下がりしてもボク

は売ることができなかった。

 ここにも自分がきちんと出てる。

 投資というのは、自分の限界、自分の

暮らす世界がどれだけの大きさかきちんと

把握できる道具みたいなものなのだ。

 人はお金がかかると自分を裏切れない

ようにできているようだ。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(助っ人・池田の気ままにコラム にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form