2016年3月11日

立場

 ボクが中学生だったころ、先生と生徒たちが

友達同士みたいになっているとよく言われた

ものだ。そのころの親の世代はそれに対し

かなり反発していたのを覚えてる。

 先生に対してなんて口のききかたなの。

 

 あれはやはり正解だったと思う。

 あれからほどなくして校内暴力が盛んに

言われるようになった。なにかの鎖が

ちぎれたのではないか。

 アメリカには立場という言葉があるそうだ。

 

 その立場にある人からの指示は絶対に

守らなければならないという。なぜなら、彼は

その立場だから。

 やはり立場というものは必要なのだ。

 

 先生も個人に戻れば佐藤さんだったり鈴木さん

だったりするのだが、生徒に対しては先生と

いう立場なのだ。

 生徒が気軽に先生の領域に入ってきては

ならないのだ。

 

 この立場という言葉、日本では少し違った

意味で使われているが、もう一度取り出して

どんな意味なのか考えてもいいのでは

ないだろうか。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(助っ人・池田の気ままにコラム にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form