2016年3月 3日

大多数

 株式売買をやっていると強く分かることが

ある。大多数は必ず負け、なのだ。

 だれもが知る大企業、今期最高益、と大々的に

発表される。果たして、その株式を売買して

儲かるものだろうか。

 

 ほぼ儲かることはない。

 それらの企業はあらかじめ好業績が想像され

いろんな人が事前に手当しているものだ。

 かえって最高益を発表したときが絶頂期で

あることもとても多い。

 

 高値でつかんで売る時期を逃してしまう

可能性がとても高い。

 世はマイナス金利とやらで騒いでいる。

 タワーマンションが利回りに優れていると

聞けばみんながそこに殺到する。

 

 こうした、大多数が動くときは決して

そちらに向かってはならない。

 たくさんの視線が集まれば価値が高まり

高値でつかむことになる。

 

 騒ぎになる前にタワーマンションを買い、

人気化した現時点で売却した人がうまくやれて

いる事実を見逃してはならない。

 肝心なことは、株式売買も同じなのだが

タイミングをずらすこと、だ。

 それは結局、大多数が動くときに自分も

動くと損をすることが多い、につながって

くる。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(助っ人・池田の気ままにコラム にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form