2015年7月29日

楽しむ

 今朝は自宅周りを掃除してきました。

 ついでに自宅の掃除もおこないました。

 毎日、毎日、どこかの掃除をしています。

 

 掃除ってとても単純な作業だ。

 うちの場合、ここにある机を移動しほうきで

はき、モップでふき掃除をする。

 乾いたら、また机を元に戻す。

 この繰り返しだ。

 

 それでもいいかげんうんざりしたり、

今日は中止にしてやろうか、など考えない。

 意外にもおもしろいのだ。

 

 そこでなぜおもしろいのか考えてみる。

 掃除機を使わないからだと思う。

 うちはほうきとちりとりにモップだ。

 モップは以前あったようなごついのでは

なく、塩ビ製のすぐれものを使ってる。

 

 ちりとりにはごみが集まり、モップを

使うとぞうきんが汚れる。

 これ、自分のおこなった結果がきちんと

見えていると言えないだろうか。

 そういうことだと思う。

 

 なのでボクはやらないと部屋が汚れて

ますます大変になるから、ではなく掃除を

やって結果が見えることを楽しんで

いるわけだ。

2015年7月27日

ウソ

 中学生のころよくウソをついていた。中身

は忘れた。続けているとおかしなことが

起こった。もう一人の自分ができあがるのだ。

当然かもしれない。

 

 ウソをつくということはつじつまを合わせ

なければいけない。そのやりくりが大変

なんだ。ウソをつく人は多いから経験してる

人もいるに違いない。

 

 ボクの場合、ウソをつくときというのは

なにかを隠したいときだった。

 私立中学受験失敗しているので、

おかしな話だが、バカを装うところも

あった。

 

 本来、私立を受けるくらいだから公立

でもわりと良い成績が、を裏切ることを

考えていた。まーそのうち本当に悪く

なっていくのだが。

 

とにかくそのままを表現したくないんだな。

ウソをつく悪癖から逃れるには中学を卒業

するまで待つほかなかった。

高校になり、よその地に行ったことも

大いに関係しているのだが、ありのままで

いこうと決めた。とても楽になった。

 

中学生くらいのウソはなにかを隠したい、

本当の自分を知られたくないのもある

はずだ。

 そんな中学生を見つけたなら、つじつま

を合わせるのが大変やなーと声をかけて

ほしい。苦笑いするはずだ。

2015年7月25日

ふりだし

 子どものころツタンカーメン発掘記を読んだ。

何度も読み返した。しかし今考えてみると

おかしい。あれは要するにダイジェスト版

だったに違いない。

 

 小学生が何度も読み返せる本ではないはずだ。

 字も大きく、確か一日かからずに読み終える

ことができた。

 

 これは今も利用させていただいている。

 英語を再度勉強したいと思ったとき、

子供向けの本を用意するのが良い。

 わずか20分ばかりで読み終え、なんだ

やけに簡単じゃないか、そんなことを

感じながら取り組める。

 

 糸山さんの本だったと思うが、算数や理科

を学習するときも何年か前の教科書を

取り出してやれと書いてあった。

 ふりだしに戻って学習してみると、

現時点がかなり進化していることに

気付く。

 

 おさらいをやってみるとどこで

つまづいたか分かると記されてあった。

 今取り組んでいることが難しいと

感じるのであれば、いっそふりだしに

戻って学習してみるのも悪くない。

2015年7月17日

毎朝

 毎朝、会社には五時くらいに入ります。

 よく聞かれることですが、寝るのは早いです。

 早く寝て、早く起きます。

 たまに寝不足になると、我慢してその日の晩

早く寝ます。

 

 起きる時間はいつも決まって五時ごろ。

 ですので睡眠時間は変わらないと思います。

 それでも効率の方はどうでしょう。

 かなり違うと思います。

 

 人より、社会より少し早めに行動を開始する。

 立ち上がりの良さは抜群です。

 ほとんどの用事を済ませてから、銀行の開始

時間を待って出かけます。

 

 朝は当たり前ですが、これから一日が始まる

時間、反して夜は終わりを迎える。

 やはり夜は活動的とは言えないと思います。

 

 その朝をどのように迎えるかはとても大きな

意味があると考えています。

 同じ一時間ですが、中身はかなり違うのでは

ないでしょうか。

 オレってこんなやつだから、を少しわきに

よせ、柔軟に考えてみてはいかがでしょう。

2015年7月16日

エジソン

 エジソンはとても大きな示唆を残してくれて

いると思う。エジソンが蛍光灯のフィラ

メントの素材を探しているとき、助手から

聞かされた。

 既に素材のテストを800種類も試して

みました。それに対してエジソンは、

世の中にはまだまだ素材がある。それだけ

うまくいく素材に近づいてるってこと

じゃないか。

 

 以前からこのままではいけない、もっと

大きく飛躍できないだろうか、そんなことを

考えてきた。

 出てきた結論はこうだった。

 

 とりあえず今やっていることの中に答え

はない。今、やっていることに対する結論

が出るのが将来であるなら、今なにを

するかが問われている。

 

 であれば、今までやってないことをやって

みるのがいいのではないか。

 答えは外側の中にあるかもしれないから。

 道路掃除はそれの一つだ。

 ここに答えがあると思ってやっているわけ

ではなく、今までやってないことをやって

みる。その中に答えがあるかもしれない。

 今がうまくいかないなら、これまでやって

みたことを思い返してほかのことにチャレ

ンジしてみるのもいいのではないか。

2015年7月15日

八つ当たり

 平日は道路の掃除をしています。ごみを拾い

続けているとそれを捨てた人がうっすらと

見えてきます。

 それにて分かったことは。

 

 ごみを捨てる人に幸せな人はいない、です。

 気持ちがささくれ立ち、むしゃくしゃ

しているのです。社会からの仕打ちをごみを

捨てることにより憂さ晴らししている。

 

 ひしゃげたコーヒー缶がありました。

 飲み終わったあとに足蹴りかなにかで

へこませているのです。

 

 それを見ると八つ当たりにしか見えない

のです。車の灰皿をそのままひっくり

返したと思われる吸い殻。

口紅がついてとても汚らしい。

 その持ち主が幸福であるとは、とても

思えません。

 

 これは逆から考えると、幸福になりたい

人はごみを捨ててはならないということです。

平然とごみを捨てられるということは、

気持ちがささくれ立ち、社会から受けた

仕打ちに対して八つ当たりしているの

ですから。

 

2015年7月14日

さみしい

 改めて考えてみるにばあさんは人にモノを

あげるのが好きな人だった。

 ただ、それにて周りから感謝されたり

尊重してもらえてるわけではないようだった。

 悲しいよね。

 

 ばあさんはさみしかったんだろうと思う。

 モノをあげることで自分に関心が集まる

ことを期待していたのではないか。

 でも、モノをあげればあげるほど

それは遠のいていく。

 そんな気がする。

 

 ボクもよく人にモノをあげる。

 ばあさんの生き様がどことなく反映して

いるのかな。

 ただばあさんのことがあるから、いろいろ

考える。

 さみしさと他人になにかをプレゼントする

のとはきっちり分ける必要がある。

 

 さみしいのであれば、オレはさみしいんだ、

ものをあげるときはただプレゼントする。

 これが大事だと思う。

 人の関心をひきたいがためにされる

プレゼントは本人の意志に反して

悪さばかり引き起こす。

 なんとなく人にあげちゃうのよね、

じゃなくさみしさが原因になっていないか

自分を振り返ってみよう。

2015年7月13日

デザイン

 ユニバーサルデザインって知っていますか。

 みなさんがお使いのパソコンなら、

5のキー、Fのキーのところを触ってみて

ください。

 

 ヨコに突起があります。

 これは目が不自由な人が使用するときどこが

5か分かるためにそうなっています。

 

 電卓も、公衆電話もそうなっています。

 シャンプーやリンスにも同じものが

あります。

 

 これ、一つ見つけると探すのが楽しく

なってきます。

 なにか、そこにもう一つの世界を見つけた

気になるのです。

 

 山で遭難した男性が義肢を交換して山登り

をするのを見ました。それを見ていると靴

を履き替えるのとなんら変わらないなー、

なんて。

 条件はバラバラですが、それを一つに

しようとする試みはさまざまな世界で

おこなわれているのです。

2015年7月 9日

損をする人

 損をする人っていますねー。いませんか。

 あのときはわたしだけじゃなく、みんなで

行ったのに、わたしだけずぶ濡れに

なっちゃって。自分だけ不幸の星の元に

生まれたかのような人が。

 

 これにはわりとはっきりとした理由がある

と思いますよ。

 

 高校で教えているとき。

 決まってこんなことを言う女子生徒がいる

ものです。オマエ、うるさいんだよ、って

注意すると、不機嫌そうな顔をして

 

 なに、わたしだけじゃないでしょ。

しゃべってんのは。あの人を黙らせてから

言ってくださいよ。

 ホントにこんなやつがいるんです。

 

 ムカーーッてきます。

 こんなやつがいると先生はどうなるか。

 徹底的に粉砕します。

 こんなことを許していたら教室は崩壊

してしまいます。

 

 実際にはそいつがほかのやつを先導して

うるさくさせてるわけです。

 もぐらたたきみたいになってしまう。

 この手のやつはやはり損しますね。

 自分だけ不幸っていうのもきっと理由は

あるはず。その原因を突き止めなければ

何回でもやってきますよ。そいつは。

2015年7月 8日

テレビ

 アナログ放送が終わったそのタイミング

でテレビをやめてみました。二年間。

 こんな機会でもないとやめられません。

 

 その日の夜中でしたか、終わったらどんな

画面になるのか見ていました。昔、ゲーム

センターにあった積み木崩しっていうか、

ブロック消し、あの画面が出てきて驚きました。

 

 まずテレビをやめてみての感想。

 とにかく時間が余る。えっ、一日って

こんなに長かったっけ。

そして、部屋がとても静か。

 

 人は余った時間ができると、

本を読んだり、部屋の掃除をしたりと

ほかのことに回すものです。

 そんな発見もありました。

 

 テレビの重要性はやめてみれば分かる、

でした。

2015年7月 7日

プロ投資家

 ギリシャがノーを突きつけました。

 これは要は緊縮策を受け入れられないと

表明したわけです。

 これにて一部のプロ投資家は窮地に

立たされたようです。

 

 プロ投資家とは投資信託などの運用者

のことで、他人のお金を預かってその

お金を増やす人のことです。

 

 彼らとボクのような一般投資家とで

どちらが気軽に投資ができるか。

 ボクたちですね。

 ボクなどは自分が所有する株式の

現在の株価まで知らないほどですから。

 

 こんなほったらかし投資でも、

長期の視点で見ると損をしていないの

です。

 おかしな話でしょ。

 

 ボクは他人のお金を預かって投資を

したことはありませんが、大変な苦痛

のはずです。

 最後の最期、ギリシャがどう決着

するかなんてだれにも分かりません。

 その結果をプロ投資家は背負わされる

わけです。

 人にはみなそれぞれ強みがあります。

 個人には個人の強みがある。

 プロ投資家が取らざるをえない土俵に

乗るのではなく、個人の強みをよく

理解し、別の作戦を取ることが強さ

の原因となります。

2015年7月 6日

動く

 本物の言葉を大事にしたいと考えています。

 裏付けのある言葉かな。

 犯人が警察につかまると、犯人にしか

知りえない事実を口にするかどうかが

問われるようだ。それだ。

 

 京都で単身、暮らしていたことがある。

 頭の中で大変とか苦労するだろう、など

あれこれ思うはずだが、実際のところは

やってみないと分からない。

 

 実際に出会ったことを話すのはとても

簡単なことだ。

 アンザンを一日に9時間くらい練習

する。するとどうなるか。

 最後の二時間くらいは調子が上がり

なんならあと五時間くらい練習しても

いいかな、そんな気になる。

 

 これなども実際にやってみないと

分からないことだ。

 基本を行動することに置くって

ところかな。

 動いてみればいろんなものが見えて

くる。そのうえで、そこから導かれた

言葉を口にするよう努める。

 それだけだ。

2015年7月 3日

ギリシャ

 ギリシャが破たんしそうだ。どうなるのだろう。

 株というやつは不思議で、よその国で戦争が

始まったというのに、それを好感して値上り

することも多い。

 

 戦争の悲惨さより、経済的な側面しか見えなく

なったということか。

 ギリシャも同じで、みな心配、心配というが

お金の問題で心配になっているのだろう。

 

 株の世界では、戦争は買い、だと言われている。

 買いというのは、積極的に株を買っていけと

いう意味だ。

 

 株式の言葉で、もみ合いというものがある。

 これはこう着状態を表しており、上にも

下にも動かない状態をいう。

 

 ボクなら現時点で株を処分するね。

 株というのはとても不思議で、下がれば

下がったで、反転して上がるように

感じられる。

 そのうちそのうちと待機するうちに

売るタイミングをなくしてしまう。

 思いっきりの反対売買ができない人は

もみ合いのときに売るしかないね。