2015年5月29日

後戻り

 洗練。

 大事にしたいものです。

 ボクは以前、携帯に電話がかかってくると

はい、もしもしってやっていたんです。

 するとある人から、そのもしもしって

やめようぜって言われ。

 

 そうかー。自分が携帯でもしもしって

口にしていることすら意識していません

でした。

 

 それからはぴたっとやめ、はい池田です

にしました。

 やはり人は人と出会うことによって、

いろいろな知恵をいただけるのだと思います。

 

 指摘といった方が近いかもしれません。

 そうしたちょっとした指摘に気づいて

修正できるかどうか。

 納得したものなら修正すればいい。

 

 この修正する力が、実はその人の実力

だと思えます。

 あーはいはい。それは良い話だけど

こんな側面もあるからなー、言い訳を

用意し、変更しない。

 

 こんな人は実に多いです。

 とりあえず指摘を受けたら、少し

考えましょう。

 納得できたならさっそく変更してやる。

 後戻りはなしですよ。

 

2015年5月28日

クラフト

 先般からクラフト教室、パン作り教室と

申し込みをしたが定員に達したと全て

断られてしまった。珍しいことがあるもんだ。

 

 ボクはこれまで申し込みした教室で参加

できなかったものはない。直前でも申し込み

できた。

 

 それだけに今回はとても驚いている。

 慶賀すべきことではある。

 

 実は、現在、人手不足である。

 会を主催する。参加者が少なく大変困る。

 そのような状況になっているのだ。

 そういう意味での人材不足である。

 

 だから参加する気があればそんな場は

いくらでもあるわけだ。

 そこのあなた、引く手あまたですよ。

 

 先日、ボクはほめられた。

 いやー最近、人が主催する会によく

参加するんよー。に対してだ。

 その方いわく。

 それだけ新しい人と出会う機会が

増えてるってことですよね、と。

 会は主催し、他人が主催した会にも

積極的に出よう。

 お互い、頑張りましょう。

 

2015年5月22日

研修

 父親はボクが小学生のときアメリカに

研修旅行に出かけている。あの当時で旅行代金

60万円だったらしいが、かなりな金額である。

 

 3週間かけ、出かけた。旅行には時計のはっとり

さんや、国会議員の受田先生などがおられた。

 その旅行をきっかけにアメリカでスーパー

マーケットを開業する予定の人などもおり、

大変な刺激を受けたようだ。

 

 ボクはいまだに、父親がどこからこの旅行の

ことを知り、参加する気になったのか知らない。

 ただ気宇壮大というのだろうか。

 これを機にアメリカに移住し、スーパーを

開業しよう、そんな人と同席していたなら、

気分が大きくなることは当然かもしれない。

 

 父親からは富士山より高い場所が水洗便所、

ヘリコプター完備であることにとても驚き、

何度も口にしていた。

 

 そこにあるプールでは日本人は泳ぐと

気分が悪くなるからととめられたらしい。

 わずか3週間。たかが3週間、なのだが、

大きな転機だったのではないかと

改めて感じているところだ。

2015年5月21日

時間

 時間というものは伸び縮みします。

 ボクの考える時間は、詰め込むだけ詰め込むと

まだまだ入る、です。

 

 ボクは高校生のころ単身で京都でアパート暮らし

をしていました。夜九時くらいまで珠算塾に

おりましたので、それから銭湯と食事です。

 

 これほど忙しいと工夫せざるをえなくなります。

 銭湯ですが、まことにもったいないことに

入るとすぐ身体を洗い、一度だけ湯船につかって

あがります。

 

 これも最初はそうではなく。

 まず湯船につかって、身体を洗い、とやって

いました。

 ところが、それではやっていかれないのです。

 

 あがって洋服を着るときもボタンは一つ

飛ばしでつけます。

 あるとき、この珠算塾の先生からこんな

ことを聞かされました。

 

 池田君、君はなにをやらせても遅いなー、

今からはなんでもはようやってやらんと

あかんで。

 ボクは動作に早い、遅いがあることを

生まれて初めて知りました。

 

 時間というものは足りなくなるので

圧縮する。工夫する。その結果、新たに

時間が生まれてくる。そんな性格が

あります。

 一日24時間にたくさんの行事を

詰め込んでみましょう。

 意外にたくさん入るものです。

2015年5月19日

あたため

 お弁当はあたためますか、

 箸はおつけしますか、

 ジュースと本は一つの袋でよろしい

ですか。

 

 コンビニというところは意外にこまかい。

 これもコミュニケーションの一つか。

 ボクはたいてい、そのままでいいです、

箸とかもいらないですと返答する。

 

 ただこれ、日本人相手ならいいんだけどね、

外国人の場合はどうしているんだろう。

 ボク自身、外国でコーヒーを注文したのだが

店員さんがあれこれ質問してきて困ったことが

ある。

 

 外国人の場合、コーヒーといえば、それを

出せばよろしい。そんな気がする。

 みんなにも言いたいんだけど、相手が外国人

でも、まず出だしは日本語でいいと思うよ。

 

 お弁当は省いて、あたためましょうか、

それで要領をえなければ、ホット、オーア

コールドくらいで通じる。

 外国人相手の場合、あっためるって

どう言えばいいのかな、なんて考える必要

はない。

 あと身振りで十分、通じるんじゃないかな。

 かたまってしまうのが一番よくないよ。

2015年5月15日

ナイアガラ

 日本にはないですね。なぜだろう。

 ありそうなのに、ない。

 カナダ、ナイアガラを観光したときのことです。

 せっかくここまで来たんだからとあれこれ

やってみました。

 

 ナイアガラにたくさんあって日本にはないもの、

とは。水。ブーーーーーっ。

 

 ナイアガラの町を、って知らない人もいる

だろうから書いておこうか。

 ナイアガラはもちろん滝を見学するのだが、

その周辺にナイアガラという町もあり、

楽しめるようにできている。

 

 ただ、ナイアガラは毎年40センチほど

水の勢いで後ろに後退している。

 だが、町は動けないので繁華街が

移動する。少し離れた場所に繁華街が

あったりする。ぷぷぷ。

 

 この町には身長が2メートル48センチも

あった男性の等身大が飾ってあったりする。

 ちょっとした博物館みたいになっている

のだが、たいてい5ドルくらい払うと

中に入れる。

 で、見学が終わって出ようとすると、

なんと土産物店に入ってしまうのだ。

 この手の私設博物館はみんなこんな

ふうになってるんだ。

 これがさ、日本にはありそうで

ないものなんだよね。

2015年5月14日

使いづらい

 先日、教えられた中華料理の店をお邪魔した。

 女性三人とボク一人だ。

 入って右手にトイレがある。

 そこでまず用をたした。

 

 左が男性用、右が女性用だ。

 そして、それではそろそろ帰りましょうかと

なったとき、一人の女性がトイレに。

 

 お店のお母さん、ぷぷぷな発言をする。

 その女性がトイレから出てきててんまつを

教えてくれる。腹をかかえて笑った。

 ぷはっはっは。ウソでしょ。

 

 お店のお母さん、ウイットに富んでいるか、

誠実を貫きすぎておかしなことになったか、

どっちかだ。

 

 さ、ここで返事を考えてみましょう。

 女性が間違えて男性用のトイレに入ろうとした。

 そのとき、あなたならどのように言うか。

 ボクなら、あのーそっちは男性用になってます。

 

 お母さんの応え。

 そっちは使いづらいと思いますよ。

 ぷはっはっは。

2015年5月12日

姿勢

 今でも不思議に思うことがある。ボクは

高校生のころ夏休みには毎日10時間以上

そろばんの練習をしていた。

 ただ、それはボクだけではなく選手たち

全員がその練習メニューをこなしていた。

 

 おまけにボクは山口県から単身、京都に

来ており、自分では覚悟をして臨んだつもり

でいた。それでもこの猛練習は嫌で嫌で

たまらなかった。

 

 ものすごくへたくそなくせに、山口県の

名前をけがしてはならない、なんて考えて

いてね。それまでの自分がなにもしてこな

かったことに猛烈に腹が立っていた。

 

 そんなボクからしても、選手たちの頑張り

は理解できなかった。選手たちは小学生から

中学生たちだ。夏休みといえばごろごろ

ゆっくりしていたいし、プールで遊びたいと

思うもの。それをなぜ、この猛練習に

打ち込めるのか。分からなかった。

 

 そのように考えてみると、ボクは逃げ腰で

必死になってしがみついていたのかもしれない。

 やりたくないけど、山口からここに来ている

んだから、があった。

 選手たちはそれより競技大会で優勝したり、

自分の力を発揮できる喜びがあったのでは

ないかと思う。

 

 要するに、物事は一つで、同じなんだけど、

臨む姿勢で頑張りにも差が出るってことだ。

 何事もやる気が出ないという人は、ボクの

想像だが、ナナメで付き合っているのでは

ないかと思う。姿勢を見直した方がいい。

2015年5月 8日

お天道さん

 写真はあげてませんけど道路の清掃はやっております。

 休み明けということでごみがたくさんあるかと思いましたが
それほどではなく。

 

 雑草が生えていましたので次回は草刈をしようと思います。

 六時前という時間はとてもすがすがしい気持ちになります。

 今の時期、そろそろ太陽が昇ってこようかという光景が

見られます。

 

 車もほとんどなく、なんかこんな瞬間っていいな、

そんな気分になります。

 

 今日は良い天気になります。

 ボクが子どものころは、おばあさんやおばさんが太陽を

見ると手を合わせて一礼されていたものです。

 ボクはそんなことしないんだけど、今思い返すと

あーいい光景だなーって。

 

 古代エジプトでも太陽は特別な存在でした。

 ボクたちの一日も太陽と連動して組み立てられています。

 野菜も果物も太陽なしでは育ちません。

 ってボクが言うほどのことでもないんだけど。

 以前はお天道さんって言葉があった。

 お天道さんに恥じない生き方をする、とかね。

 ボクは半分は恥じない生き方になってるかな。

 なら、あと半分は。ご想像にお任せします。