2014年10月27日

参加

 

 食事会を開催する。人を誘うこともある。その方からいろいろ

聞かれることも多い。

 場所、会費はだれにとっても必要な情報だ。

 だがここからはどうだろう。

 会の趣旨は何でしょうか。

 どんな人が来られるんですか。

 何人くらい来られますか。

 

 自分が食事会をやってみてつくづく実感するのはこれらの

質問、ほぼ無意味なことが多い。

 運動の主体がはっきりしているものはいい。

 地域活性化、わが町にも空港を。

 

 それ以外はだれが来るかはっきりしないし、あなたが参加する

ことで空気が変わることも多い。目当ての人がいたとしても

欠席するかもしれないし。

 だから参加人数なんて知らせないし、趣旨の話になった

時点で参加しないものと考えてしまう。

 

 ボクも知らない会に参加することは多い。

 その一回一回で有意義でなければならない、などとは

考えない。こういうのは確率で考えるのが望ましい。

 3回に1回当たりをひけばうれしいなー、くらいで。

 

 だが改めて考えると、1回を引き当てるためには2

我慢しなければならない、ともいえる。そんなもんじゃ

ないかと考えているんだ。

 2回の次に1回、2回の次に1回、それを積み重ねないと

楽しいものに出会わない、そういうものだと考えて参加

していくしかない。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(助っ人・池田の気ままにコラム にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form