2014年10月 3日

紹介

 

 以前、高校に勤めていた。六年ほど勤めて退職したのだが、

高校の先生から高校生に役立つ話を聞かせてやることになったので

協力してほしいと言われた。

 戸惑いながら引き受けた。報酬など一切なかった。

 先生からすればボクはいろんな社会を知っていると思われた

のかもしれない。これから広く生きていきたいとは思っていたが

そのころごく狭い範囲でしか動いていなかった。

 

 周りの方に尋ねて回ったり、講師をお願いしたりした。

 相手が男性の場合、夕食を共にしながらお話しさせて

いただくこともあった。

 それらの費用も全て自分が出した。

 

 講師を紹介するこの役目は四年くらい続けた。

 それから数年、ある男性と出会った。

 その男性が催しをされるとき都合が合えば全て出かけた。

 するとこれまでお願いしてきたような、講師にぴったり

な人がいくらでも現れた。

 

 そのときつくづく思ったものだ。

 あーあ、あのころ知り合っておけば、あんな苦労はしなくて

済んだのに。しかし、そんなものかもしれない。

 

 一人でいいのかもしれない。

 その有力な一人を知っていると世界が広がっていく。

 信頼していただければ紹介も頼めるはずだ。

 そのためには、それを意識し、とにかく行動

しなければならない。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(助っ人・池田の気ままにコラム にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form