2012年1月31日

実行

 ボクは20代のころから一貫して食事会をやってる。初めは
ワイワイやってるのが楽しくて、やってた。だけれども、続けてみると
それはそれで意味があることが分かってきた。ま、今日はその話はやめにして。

 そうして、実にたくさんの人とお話させてもらってきたが、共通している
ことがある。「人というものはうまくいかないかもしれないことは、
そもそも実行しない」ものだということを。

 「うまくいくかどうか分からないけどやってみる」。
 ボクはよくそんな話をしてきた。そのときのみんなの顔はおかしかった。
 かわいそうな人を見るような、バカにした目線だった。

 おまけに「池田さん、どうしてそんなことをするんだ」も、何度も何度も
言われた。「お金の無駄遣いじゃないか」「うまくいくわけないさ」。

 ボクもうまくいかないと思う。
 だけど、なにかに動かされる自分がいる。やって、また泣きっ面だ。

 だから、いつも言われる。「池田さんって大きな子供みたい」。
 「もうそろそろ大人になろうよ」もよく聞かされた。

 ただ、なんていうか、中学生のころから自分に自信がなく、たいした学歴
もないボクは「やってダメでももともと」、そんな気分が強い。

 ときには「もうやめたい」と思うこともある。だけどそんなときは中学生
のころのとてもなさけない自分を思い出すことにしてる。あのころ「どうせ
ろくな将来はやってこない」と思っていたが、それからすれば今はまだまだ
たいしたものだと感じてる。

 人はどうやらうまくいくかどうか予想して、うまくいかないことは
そもそも実行しない性質があるみたいだ。であれば、毎日がうまくいくだろうね。

 世の中、想起したことのほとんどは失敗だろうね。考えついてもうまくは
いかない。そんなもんだ。だからハナっからあきらめ行動しようとしない。

 ボクもおんなじだよ。うまくいかないと思うし、うまくいかない。
 うまくいかないと恥ずかしいし泣きたくなる。それも同じ。
 あとは「なら、どうする」のとこだね。違いは。
 さて、あなたならどうする。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(助っ人・池田の気ままにコラム にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form