2010年8月26日

はがき

 これまでたくさんのハガキを出してきた。その中にはこんなケースも多い。
 ある会社に訪問する。その会社の方々に次々に紹介されるといった場合。
 専務さんだったり、部長さんだったりする。それで、その方々にももれなく
ハガキを出してきた。返信があったことはない。

 ボクはこういうときいつも思うんだ。その方がもし独立されたらパートナー
になる人を探したり、お客さんを探したりするだろうに。そのとき自分の
人脈を総点検するだろうが、難しい結果に終わるだろうと思う。
 それだけのことしかしてないからね。

 要は、みんなその時点でしか物事をとらえてないようだ。
 「オレは今、この会社に勤めてる、で、仕事はこれだ」ときっちり決めて
かかってるんだろうな。今、これだけ社会で「これからはどうなるか分からない、
混沌とした社会になる」とか騒がれているのに自分だけは今のままが
続けられると考える。それが、ボクにはおかしくてたまらないんだ。

 ある男性からよくこんなことを聞かされる。
 「池田さん、サラリーマンってのは時間を売ってるんですよ、池田さん
みたいなこと考えるサラリーマンがいるわけないじゃないですか」。
 世のサラリーマンが全て彼の言う人間ではないと思うが、というよりは、
自分を規定して毎日を過ごしてるという感じがする。
 そこには独立とか退職の文字は見当たらない。

 チャンスというのは準備してないとやってこないと思う。
 「あー先日、会った人からハガキがきた。なんでこんなことをするんだろう」
では前に進めないと思う。ボクはこんなちょっとした機会でも活かして
やろうと考えている。反応がないのは当たり前。チャンスにつながらない
のも当たり前。だけれども。それでもやっていかなきゃ。

 要はこれから先、自分がどうしていきたいのかある程度は考えておかなく
ちゃいけない。今の自分の守備範囲でどこまでもやっていけるとは、
ボクには思えないんだが。
 わずか50円でなにかにつなげられるならこれほど安いものもないと思う。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(助っ人・池田の気ままにコラム にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form