2010年3月 5日

比較

 比較というのはとても大切だ。比較するからこそ、自分が立ってる
場所がはっきりつかめるということもあるのではないだろうか。
 先日、「池田さんはなぜ交流会をするんですか」って質問された。

 それに対する返答は「ボクも20代のころ、こんな会があったら
良いなーって思ってたんですよ。あまり職業にとらわれずにね、
人は周囲の人と比較するからこそ、ああなりたい、そうなりたい、と
思うんじゃないですかね。だから比較する相手を見つけることはとても
大切なことだと思うんですよ」。

 「あなたがかっこいい人になりたいとするじゃないですか、だけど、
ただ漠然とかっこいい人になりたい、じゃ難しいと思うんですよ、
だけど近くにそんな人がいたら、(あの人のようになりたい)に
なるじゃないですか。その人を真似ればいいわけですよね。そっちの
方が断然早道ですよ」。

 「ボクたちは、まず、どういう人がかっこいいのか、あこがれる存在
なのか、近くで感じないとそれは分からないと思うんです。(ああ
あの人、かっこいいな、ああいう生き方っていいな)と思えたなら、
観察してみればいい。ボクはそういう人に早く出会った方がより良いな
と思ってるんですよ」。

 「だから、人は常に変化を受け入れる気持ちが大切。だってそれを
受け入れる気持ちがないと(かっこいい存在)に移れないじゃないですか」。
 ボクが交流会をおこなう理由に、こういうことも入ってる。

 ボクが社会人になったころ、まだまだ「大人になるってことはタバコ
をふかすこと」が主流だった。だから気の早い高校生たちは我先に
タバコをふかした。「これが大人ってやつだ」ってところだね。
 まずは真似てみる。とたんにゲホゲホやらかす。
 だが、それはそれがかっこいいと分かっているからだろう。
 まずは「だれがかっこいいのか」「あこがれる存在」を見つけて観察しよう。
 そして真似しよう。きっとあなたもかっこいい人になれる。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(助っ人・池田の気ままにコラム にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form